銀行のカードローンの審査には通らないので、消費者金融で借りているという人がいます。一方で、当然のように銀行でお金を借りている人もいます。

銀行からお金借りるには、正社員である必要はありません。しかし、正社員のほうが信用が高くなる傾向があるのは確かです。正社員は、同じ会社で定年まで勤めることが予定されていますので、給料はどんどん上がっていき、たくさんの退職金をもらって退職することが予想されます。もちろん、会社が倒産してしまったり、リストラにあってしまう可能性もあります。その意味では、公務員が最も有利であり、大企業の正社員が次に有利になります。

銀行からお金を借りるには、信用がとても重要です。正社員であることは、信用を得るための1つの要素にすぎません。信用をはかるための要素として、個人信用情報がよくあげられます。個人信用情報には、過去のクレジットカードやローンなどの利用実績が記載されています。延滞をしていると大きく信用が下がりますが、逆に良好な利用実績があれば信用は上がります。

銀行の場合、その銀行で長く取引をしているということも重要な要素になることがあります。給与振込みに指定していたり、住宅ローンを借りていたり、定期預金を積み立てていたり、その銀行で長く取引をしていて、信用を積み重ねてきている人は、審査で有利になります。

信用はすぐには得ることはできませんが、他社のキャッシング枠付きのクレジットカードを解約したり、カードローンを解約することで、身軽になるという方法もあります。