総量規制対象外のローンはハードルが高いというイメージがあるかもしれませんが、それほど違いはありません。
昔は銀行より消費者金融のほうがかなり借りやすかったですが、今は大きな差はないのです。
銀行ローンの審査は以前のレベルとあまり変わりませんが、消費者金融のハードルが下がったのです。

総量規制対象外のローンはアルバイトの方でも利用可能で、30万円くらいの借入が可能となるでしょう。
金融機関によって融資額は変わりますが、最初は雇用形態を問わずに50万円以内になることが多いです。
高額融資を受けられるのは、ある程度信用力が高まってからなのです。
総量規制対象外のローンに申し込みするアルバイトの方は、なるべく少ない金額を設定するのがよいでしょう。
限度額に関しては金融機関が申込者の信用力を精査して決定するので、具体的な借入額は審査が終了するまでわかりません。
一つ言えることは高額を設定すると、借入できない可能性があることです。
この点はアルバイトも正社員も同じであり、無理をしない借入が大切となります。
借入できるかどうかは希望額で決まると考えてよいでしょう。

アルバイトの方が総量規制対象外のローンを利用するときは、他社借入はなるべく抑えてください。
他社からの借入が大きいと、審査に通過するのが難しくなります。
金額・件数ともに抑える必要があり、必要に応じて総量規制対象外ローンで一本化することも考えましょう。
借入件数が3件になると、新たに借りるのが厳しくなってきます。